BCAAについて

2017.9.7

ブログ

Image_afd89b9 こんにちは。BEASTYパーソナルトレーナーの池田です。今回はBCAAについてお話していきたいと思います。

皆さん『BCAA』という単語をお聞きになったことはありますか?おそらくスポーツやトレーニングをされる方にはなじみ深いものかと思われます。多くのスポーツドリンクにも配合されている栄養素&サプリメントの総称です。

BCAAとは。。。Branched-Chain-Amino-Acidsの頭文字からとった略称で日本ではアミノ酸に分類されます。

3つのアミノ酸、バリン・ロイシン・イソロイシンのことをBCAAと言います。

タンパク質は胃腸内で分解されペプチド~アミノ酸へと変化し、アミノ酸の状態で吸収されていきます。このアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれます。必須アミノ酸は体内で合成出来ないもので非必須アミノ酸は他のアミノ酸や栄養から合成できるアミノ酸です。体内で合成出来ない必須アミノ酸は体

外から食事で摂るしかありません。

BCAAは筋タンパク質中の必須アミノ酸の35%を占め、また哺乳類にとって必要とされるアミノ酸の40%を占めるものです。

BCAAには筋肉の分解を抑制する作用や筋タンパク質合成を増大する作用があります。人の身体は運動することで筋肉の分解と合成を繰り返しています。筋肉の分解が行われている間、人の身体はBCAAを大量に消費すると言われています。この筋肉が分解されていく状態をトレーニング用語で『カタボリック』とよびます。よって運動中のBCAAの摂取は筋肉の分解をなるべく防ぐことが出来るといわれています。また筋肉はトレーニングをして破壊し、栄養を摂取して回復させることで成長していきます。この筋肉が成長するサイクルをトレーニング用語で『超回復』と呼びます。

つまりBCAAの摂取は筋肉の分解を防ぎ効率的に筋肉を超回復させる事が期待できます(^^♪

では、摂取量の目安は?

日常的にトレーニングされる方ですと、一回あたりBCAAを5g~10g前後を飲むのが適正だといわれています。

他のサプリメント(プロテイン等)は肝臓などでタンパク質を分解して体の中に取り込まれるのですが、BCAAの場合は肝臓をそのまま素通りし、筋肉で代謝するという性質があります。よって、飲み過ぎた場合でも、内臓への負担は少なくなります。

一日に5~10gを3~4回に分けて飲むように心がけていきましょう。トレーニング前中後に飲むとよいでしょう。

もちろんトレーニング以外でもBCAAを飲むことで集中力を上げることが出来るので仕事中や勉強中にも頭が冴えるのでおすすめです!

いかがでしたでしょうか?BCAAは効率よく使えばトレーニングの効果を何倍にも高めてくれます。どんどん活用して目標達成の為にがんばりましょう(^_-)-☆